コラーゲンとは

コラーゲンは美肌に良い、関節に良いといいますが、そもそもコラーゲンとは何でしょうか。
コラーゲンは一言で言えば、たんぱく質です。

たんぱく質は体を構成している成分ですが、コラーゲンは皮膚や骨を構成している成分であり、そのほかにも内臓や血管にもコラーゲンは含まれています。
コラーゲンが人間の体にとって大事な成分であることは間違いありませんが、コラーゲンを食べればそのまま皮膚や骨になるかといえば、甚だ疑問が残ります。

若い女子が美肌のためにせっせとコラーゲンを摂取していますが、その効果に関しては未だ研究段階にあります。
そもそもコラーゲンもたんぱく質なので、体内に入れば消化酵素によってアミノ酸に分解されてしまいます。

コラーゲンの分子は非常に大きいので、そのままでは体内に吸収されないのですね。
では低分子コラーゲンはどうかといえば、確かに消化吸収はしやすいのですが、こちらも消化吸収の過程で分解されることは間違いないでしょう。

ではコラーゲンを摂取しても全く意味がないのかといえば、そういうわけでもありません。
少なくともコラーゲンに含まれるヒドロキシプロリンという成分を摂取できるので、コラーゲンの生成に役立ってくれるはずです。

とはいえ1日2日摂取しただけで効果が出るわけではありません。
ですから長期に渡ってコラーゲンの摂取を続けることが重要なのですね。

またコラーゲンの生成には酵素が必要ですが、合わせて酵素ドリンクを飲むとコラーゲンの分解、吸収を助けてくれます。
酵素ダイエットのアンチエイジング効果はこちらをご覧ください。